Lefabuleuxyuk★★
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ / - / - / - /
<< ダバワラ / main / ある日どこかで >>
5:00からはじめるあさ





今朝は、にがてな早起きを経て


Hills Breakfast vol.21に行ってきました。


これは、六本木ヒルズで行われるあさのPechaKucha。

「
1人につき20枚×20秒ずつ=400秒のプレゼンでアイデア・プロジェクトを伝える」というシンプルなルールのもとに、世界400都市で行われているというPechaKucha。六本木ヒルズでは、毎月1回あさ8:00スタートで行われています。


「毎日を楽しくする。社会を元気にする。世界を明るくする」ようなアート・社会貢献・テクノロジーなど、さまざまなテーマのプレゼンが朝から六本木でめくられているのです。



私は今月お会いした方に立て続けにお勧めしていただき、なんだなんだ?というきもちでねむい目をこすりながらけさの六本木に赴きました。

感想から言うと、すごい。すごいのです、Hills Breakfast。


80ほどの席を人が埋めて立ち見の方もたくさん。
そして、多くの聴講者を前にしたプレゼンにも力が入る。スライドに置いていかれず、ビシバシ伝わる真摯なトーク。こんなにも良い朝が在る、動いている人が世界に居るのだ、と朝から片手分の勇気をいただきます。内容もすごく励みに、勉強になるのですが、その場の熱がすごい。


6人のプレゼン終了後、後ろの方も「毎朝をこんな風に始めたい」とつぶやいた。プレゼン終了後は、プレゼンターにコンタクトを取ることもできます。いただいた熱さをその場で感想に換えて、伝えることのできる場。


次回12/18もかならず来よう、と心に決めて六本木の街にでてゆきました。ご興味在る方、ぜひ。






以下、本日のスピーカーさんたちのキーワード。


△上田壮一さん(Think the Earth

「これからもみなさんと宇宙船地球号にのりたい」


・宇宙飛行士のことば「宇宙から見たら国境はない」に感銘を受ける→社会・環境のことを宇宙からの視点で考えてみる

・50年前に人間は地球の姿を知ったばかり、たった50年で意外といろいろできるものだ

・TOYOTAのハイブリッドカーAQUAの広告費で水辺のケアと言う社会貢献→サステナブルデザイン賞受賞(経済をデザインする必要)



▲金入健雄さん(KANEIRI MUSEUM SHOP

「東北の魅力はこれからの姿だ」困難な局面にいるときこそ人は真価が問われる、東北で言うならそれがいま


・人も技術も光る、東北のものづくりを発信

・モダンなミュージアムショップに工芸品を置く→地元の人にとっても地に根付いた工芸品を恥ずかしがらずに使ってもらう(照れずに使う=普段使い)

・東北で生きる=かっこいいこと、と思わせる



△小沼大地さん(クロスフィールズ

「ぜひ、自分にしか出来ない挑戦を。今、僕たちが挑戦しないことの方がリスクだ」


・留職:企業で働く人を新興国に派遣、企業で培った技術で現地の問題解決に励む(ビジネスの力で楽しそうに社会貢献!)=企業・新興国にwinwinの関係

・活動事例としてPanasonicでは、無電化地域でも使える安価な調理器具の開発を目的として留職。現地の1人と日本のプロジェクトチームの邁進、そして技術開発担当幹部クラスの方のアドバイスの結果→20%コストカット。

・作った人/買った人/企業の3方に良いものを与えるために全員がサポートをする=「Panasonicが企業したときを見ているようだ」



▲佐藤言也さん(殻付き生ガキの伝道師)

「他に日本じゃなきゃいけないものはありますか?」


日本オイスター協会/オイスターマイスター

・フランスの牡蠣の99%、世界の牡蠣の70%は日本の牡蠣がルーツ。日本の牡蠣のDNAは最強→日本の牡蠣はすごい!=おかねの香り

・しかし日本には牡蠣長者がいない、アニメ・ゲームと同様に日本のパワ―で外人が活躍していただけ→日本人としてのアイデンティティを生ガキで実現しよう!



△須藤シンジ(PEOPLE DESIGN

「得意技を使って社会を変えていこう」


・佐藤さん鈴木さん高橋さん田中さんの数=ハンディキャップを持った人の数(6/100人)

・先進国の中でも障害者・健常者を分けている福祉は日本特有のもの。日本はよりバリアフリーを進めようとするが海外ではむしろ石畳を残そうとする→日本だって両者が混ざっているべきだろう→Actionづくり=PEOPLE DESIGN

コミュニケーションチャーム=「困ったらこれを持っている人に声かけて」のしるし。きゃりーぱみゅぱみゅを広告塔にHARAJUKU KAWAII!に出展(須藤さんの得意分野はfashion)

・障害者のためにではなく、こんな社会になったらいいなのために



▲Eric Siuさん(TOUCHY

「TOUCHING IS POWER AND BEING TOUCHY.」


・Human Camera(ヘルメット型カメラデバイス)を被ると、誰かがその人の肌にタッチするその瞬間まで何も見えない環境に置かれる

・人がTOUCHする=シャッターが開かれて視界が広がる

・10秒TOUCHする=対象のイメージを撮影する

・科学によるオンラインコミュニケーションは人間の身体的なコミュニケーションを奪った→Human Cameraは他人の肌に触れること・アイコンタクトをとることがふつうの当たり前のことだと思い起こさせる



ああ、本当にいいあさでした。おやすみなさい。


/ 23:39 / ソーシャルデザイン練習帳 / comments(0) / trackbacks(0) /
スポンサーサイト
/ 23:39 / - / - / - /
COMMENT









Trackback URL
http://lefabuleuxyuk.jugem.jp/trackback/142
TRACKBACK