Lefabuleuxyuk★★
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ / - / - / - /
<< ブクオカ / main / 5人の男が並ぶ姿は恐ろしかった >>
編みもののように
 

今日12月5日のものかと思いきや

昨日12月4日の分を送ってしまいました

そんなわけで

カテゴリ名どおり

ほぼ日の糸井さん更新エッセイのようなもの

「今日のダーリン」に

感想を送りはじめました



はじめまして。

ほぼ日はこれまでたまに覗いていたのですが、毎日感想を送ってみようかな、とふと今朝思いつきました。

これからどうぞよろしくお願いします。


今日は三國万里子さんの編みもの(冬の日のあみもの、ほんとうに写真集みたいですね。かわいいです)の例から始まって、ものごとが自然と「できていく」ことがあってそれが「つくっていく」ことになっているというお話でした。


読み進めているうち、文章でもそういうことばかりあるな、と思っていたら糸井さんもそこに帰着されたので驚きました。ここで驚いたというのは、まさに同じようなことを思っていたから、という驚きです。


なんとはなしに選んだ言い回しや浮かんだ単語が、パズルをはめるみたいにぴったりまるく整合することがあると私も思うのです。また、反対にそれを崩す必要があるときがあることも。


あれってなんでしょう?

自分の手先を動かす力が働いたためとは思えないくらいしっくりくるあれは、ぐるぐる巻かれた毛糸がひとつのセーターやブランケットに変身させてもらえたりするくらいすごいことだと思います。

/ 11:08 / たったのdiary / comments(0) / trackbacks(0) /
スポンサーサイト
/ 11:08 / - / - / - /
COMMENT









Trackback URL
http://lefabuleuxyuk.jugem.jp/trackback/148
TRACKBACK