Lefabuleuxyuk★★
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ / - / - / - /
<< のんちゃんのり弁 / main / 世界はときどき美しい >>
だってもしも
 
中学生のはじめのころに
やっていたブログ。

最初はともだちの日記を見るのがただ楽しくて
でも時間と記事がたまるにつれて
年上の知り合いが増えた。


すごく可愛がってもらえて
年代の隔たりなしに親しくしてもらっていて、
だいじな関係だった。


その場所で
知ったこと学んだこと考えたこと
影響を受けたこと刺激をがつんともらったこと
ほんとうに今も残るものばかり。

いつの間にかみんなの足跡が薄れて
もうだれも書かなくなってしまった


今日、数年ぶりに行ってみて

昔のみんなの記事だったり
私が昔残したコメントを改めて読んで

歳月と影響を真摯にかんじた。


むかしあそこで関わっていたこと。
いまもみんながどこかにいること。

これを確かに、がんばれるなとおもった。

わたしのことをもう忘れているかもしれない。
だけどわたしは今ふっとみんなを思い出してるよ。


/ 22:24 / たったのdiary / comments(0) / trackbacks(0) /
スポンサーサイト
/ 22:24 / - / - / - /
COMMENT









Trackback URL
http://lefabuleuxyuk.jugem.jp/trackback/39
TRACKBACK